摂取方法

プエラリアミリフィカの原料である芋は調理可能?

美容意識の高い女性であれば、プエラリアミリフィカはよくご存知かと思います。
バストアップや美肌、アンチエイジングや更年期障害の緩和、不妊の治療など、女性の悩みへの効果が期待される成分です。
プエラリアミリフィカとは、タイ北部やミャンマーの山岳地帯、また亜熱帯地域などに自生しているマメ科の植物で、根っこ部分が大きな塊状になるのが特徴で、この部分に女性のための有効成分が蓄えられているのです。

原産地であるタイでは大昔から若返りの作用があることで知られていて、食用にもされていました。
プエラリアミリフィカの原料となる芋は調理が可能で、現地ではこの根っこ部分を普通のお芋のようにして煮たりして食べられてきたのです。
プエラリアミリフィカには赤、黒、白の3種類があり、どれも女性ホルモンに似た働きのある植物性エストロゲン・イソフラボンがたくさん含まれています。

プエラリアミリフィカの根っこのお芋の成分としては、ショ糖と植物繊維が大半を占めているのですが、植物性エストロゲン・イソフラボンも大量に含まれているのです。
イソフラボンと言えば、日本での馴染みの深い大豆がありますが、プエラリアミリフィカには、この大豆の40倍ものイソフラボンを含んでいるのです。
女性ホルモンは、女性らしさの成分ですから、バストを大きくしたり、ウエスト部分は細くしたりなど、女性らしい体作りをすることができます。

女性ホルモンに似た成分を大量に含んでいるプエラリアミリフィカを摂取することでバストアップや美しい肌を手に入れようとするわけなのです。
年齢と共に減少する女性ホルモンは、それによって更年期障害などの原因ににもなるので、更年期障害の改善や予防にも用いられているのです。
他にも美しい髪にしてくれたり、母乳の出を良くするなどの効果も期待されています。

日本ではプエラリアミリフィカをサプリメントとして手軽に摂取することができます。
効き目も高い分、用量などをしっかりと守って摂取することが大切です。

このページの先頭へ